SAKAKI Workshops

ZBrushを使うデジタル原型師 榊馨のブログ

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

netfabbの使い方 - データ修正 

2012/11/21
Wed. 20:50

STLチェックソフトnetfabbの使い方をメモしておきます。

不正ポリゴンの修正をしたりサイズのチェックをしたり、
立体出力で業者に入稿する前にデータの確認をするのに使います。

まずはボックスのSTLファイルを2つ読み込みます。
aaaaaa.jpg
STLファイルを読み込んだ時に法線が反転したポリゴンがあったり
穴があってソリッドな状態になっていないなど不正なデータがあると
画面下にでっかく!マークが出ます。

不正なデータがないと!マークは出ません。

!マークが出たら上のツールバーにある赤十字のような+マークを押して
データ修正を開始します。
bbbbb.jpg

すると画面が切り替わってツリーにPart repairというものが追加されます。
いろいろメニューがありますがデフォルトで大丈夫なので
Automatic repairを押します。
2012-11-21_201034.jpg

ポップアップでウインドウが出てきます。
Default repairのままExecuteを押します。
2012-11-21_203328.jpg

データが修正されますがこれで終わりではありません。
Apply repairを押して修正内容を確定させます。
2012-11-21_203937.jpg


データ修正が完了し、!マークが無くなりました。
2012-11-21_204134.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sakakikaoru.blog75.fc2.com/tb.php/9-00308b75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-07

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。