SAKAKI Workshops

ZBrushを使うデジタル原型師 榊馨のブログ

Projection Shell 

2011/02/28
Mon. 16:16

ZBrush4から搭載されたProjection ShellはProject Allの投影距離を決めるオプションなんだけど、マニュアルの説明だけだとややこしくて混乱するので画像でまとめてみます。

まずはプロジェクト対称のオブジェクトの説明から。
下図、凸がある球体がProject Allのソースメッシュで真球がプロジェクトさせたいターゲットメッシュです。
オリジナルメッシュをスカルプトしたのがソースメッシュ、
リトポしたのがターゲットメッシュと理解すると分かりやすいと思います。

ps01b.jpg




[1]デフォルト

何も設定しない場合は最も近くのソースメッシュにプロジェクトされます。
ps02.jpg




[2]Outer

Projection Shellのスライダを左に動かすと自動的にOuterのモードになり、ターゲットメッシュが縮みます。
Outerモードではこの縮んだメッシュの外側のソースメッシュのみをプロジェクト対象とします。


このように少しだけ縮ませた場合ターゲットメッシュの外側にあるソースメッシュは凸の部分だけになります。
ps03.jpg

なのでProject Allを実行すると凸の部分だけがプロジェクトされます。
ps04.jpg


次にOuterの設定をターゲットメッシュがソースメッシュの内側にすっぽり収まる設定にすると…
ps05.jpg

ソースメッシュ全体がプロジェクトの対称となるので、設定なしの時と同じ結果になります。
ps06.jpg




[3]Inner

InnerはOuterの逆版です。
Projection Shellのスライダを右に動かすと自動的にInnerのモードになり、ターゲットメッシュが膨らみます。
Innerモードではこの膨らんだメッシュの内側のソースメッシュのみをプロジェクト対象とします。

まずはOuterと同じように少しだけふくらませた場合を見てみます。
ps07.jpg

これだと凸部分はターゲットメッシュの内側に含まれていないのでプロジェクトされません。
ps08b.jpg


次にソースメッシュが全て収まるくらいの設定にすると
ps09.jpg

ソースメッシュ全てがプロジェクト対象となるのでこれまた設定なしの時と同じ結果になります。
ps10.jpg


以上がProjection ShellにおけるInnerとOuterの機能です。
これがなんの役に立つの?っていうと例えば一度Project Allしてサブディビジョンレベルを上げてさらに詳細に形状をプロジェクトしようとすると裏側のポリゴンにプロジェクトされてつぶつぶの穴があいたようになっちゃう場合があります。
こういう時にOuterを設定して裏側のポリゴンにプロジェクトされないようにしたりって使い道があります。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sakakikaoru.blog75.fc2.com/tb.php/1-2f2af564
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-05